いきるちから

気が向いたときに適当なことを書きます

拡張少女系トライナリー

※ 4人のストーリーをEp. 31までプレイした前提でネタバレありの話しかしません.
未プレイの方はブラウザバック推奨.以下千羽鶴によるネタバレガード.



概要

今更かよという感じだけれど,拡張少女系トライナリーの4ヒロインのストーリーを Ep.31 まで終わらせた.世間ではすでに神楽ルートで総意決定とかやっているらしく,相当乗り遅れているけど...... 何はともあれ,大変良い土屋ディレクターらしい作品だった.大満足.

この記事では備忘録がてら雑多な感想を書いていく.特に考察とかを真面目にやっているわけではないので,ストーリーの込み入った話とかはしない.今回は,ゆるく感想を書くだけというスタンス.

セカイ系とメタ要素の融合

トライナリーを一言でまとめると,ゼロ年代が蘇ったかというレベルのベタなセカイ系に,土屋らしいメタ要素を融合させることで出来た,独自の体験ができるゲームだったと思う.ストーリーは単体で見ると,既視感がありベタすぎるセカイ系の話である.実際,フェノメノンの設定を知ったあたりで,「この世界自体のフェノメノンなのかな」って予想できちゃうレベルだし.ただ,ここにメタ要素が組み合わさることで,ユニークな面白さを持つゲームとして昇華されている.

トライナリーはいわゆるメタ要素を含むゲームである.すなわち,プレイヤーはただゲームをプレイする傍観者ではなく,主体的にゲーム世界に関与していく.こういうメタ要素を含んだ作品は今までも数多くある.有名どころだと Ever17 とか.土屋自身も前作のサージュコンチェルトでメタな作品を作っている.メタ要素を使うと,プレイヤーに直接ゲーム世界に関与する体験を与えられる.これは,操作キャラクターを通じてのものよりはるかに効果的で面白い.そのため,うまくメタ要素を使いこなせたゲームは総じて高い評価を得ている.もっともこれは諸刃の剣で,下手なことをやるとただの寒いゲームで終わってしまうのだけれど.いかにプレイヤーに自然にメタ要素を受け入れてもらうか,そしてそれを活用した素晴らしい体験を提供できるかが,開発者の腕の見せ所である.

トライナリーの優れていた点は,このメタ要素を有効に活用できていたことだと思う.まず,メタ要素の導入は自然である.トライナリーにおいてメタ要素は,異世界の少女たちと WAVE を通じて交流するという形で与えられる.このようなヒロインとの交流というメタ要素は,比較的受け入れられやすいのだと思う.こういうメタ要素の例として,前作のシェルノサージュがあるし,主人公の影が薄いエロゲも見方によってはこの類のメタ要素と思える.ヒロインと(あるいは異世界のキャラクターと)交流するというゲームは,これ以外にも存在する.これらの例は我々がヒロインとの交流という形のメタ要素を受け入れやすいし,常日頃から慣らされているのを示しているのではないかと思う.このように導入されたメタ要素は,ゲーム中でのヒロインとの交流を通じ,より強固にプレイヤーに受け入れられていく.

このメタ要素により,我々はゲーム世界についての重大で悩まされる選択を迫られる.トライナリーのストーリーはセカイ系である.そのため,ヒロインたちとの交流は最終的にゲーム世界をどうするかの選択につながっていく.セカイ系とメタ要素を融合したため,プレイヤーにゲーム世界についての決断を迫ることに成功しているのだ.しかも,この決断は容易なものではない.プレイヤーはゲーム中での交流を通じヒロインたちに好感を持つ.一方で,多くのプレイヤーは千羽鶴にも好感を持つだろう.しかし,ゲーム世界についての決断において,プレイヤーは双方にとって良い決断をすることはできない.千羽鶴の目的をかなえるためには,ヒロインたちをフェノメノン世界での意志を無視し発症させなければならない.メタ要素を活かしたゲームは数多くあるが,プレイヤーをジレンマに追い込み悩ませる体験をさせるのは,トライナリーの優れている点だろう.

しかも,この体験をより効果的にするよう,うまくゲームが設計されている.千羽鶴やヒロインたちに好感を持たせるのは決断時のジレンマを発生させる絶対条件だが,ここを非常に上手くやっていることは同意してもらえると思う.この点は後の節でも触れる.加えて,一回きり選択肢や,選択肢が記録され先のストーリーに影響していくシステムにより,プレイヤーは自然とこのゲームにおける選択肢は重大であることを認識していく.Ep.29 でのソイルトンのお説教(?)や,前の選択に矛盾した選択をするとヒロインや千羽鶴に指摘されるのも,真剣に選ばねばならないという認識を与えるのに役立っている.

まとめると,トライナリーはセカイ系とメタ要素を融合することで,プレイヤーに重大で悩ましい決断をする体験を与えている.こういう体験ができるのはトライナリーの面白いところだし,優れているところだと思う.こういう,このゲームはなぜ面白いかという大きい枠組みを作ることに関しては,土屋は非凡な才能を持っていると思う.これからも良いゲームを世に送り出していってほしい.

ヒロインがかわいい

自分はこの類の感覚的な話を語るのが苦手だし,もはや言及するまでもなく自明だとも思うのだけれど,ヒロインたちはよく作られていてかわいかったと思う.先述したように,千羽鶴と4人のヒロインたちの双方が魅力的なキャラクターであることは,メタ要素を活かす上で必須である.そのため,良いヒロインを提示するのは,単にヒロインが魅力的だとゲームが面白くなるということ以上の効果を持っている.

基本的に僕はガストのヒロインが好きであるし,理想的なヒロイン像だと思っている.全体として,主体的に行動するし,芯が強くてまっすぐな性格が良いと思う.トライナリーも例にもれず,いいヒロインを持ってきたと思う.千羽鶴とか冒頭からいきなり持っていかれたし.イオナサルもそうだけど,こういう強いヒロインを作れるのは土屋のすごいところだよなと思う.

ゲームシステムもヒロインの魅力を引き立てるのに役立っていたと思う.司書やセルフクランのおかげで,プレイヤーはヒロインたちの様々な面を見ることができる.(悪趣味といえば悪趣味な)ココロスフィアも健在だし,選択肢次第でめちゃくちゃをやれるのは楽しい.毎回一個くらいめちゃくちゃな選択肢を持ってくるのはAT2のEDあたりからの伝統かなと思うけど,ヒロインの反応含めて面白くて好きです,はい.

課金要素

正直クランにそんなに惹かれなかったし,初めはこのゲーム金なくなって途中終了するのではなかと危惧していた.実際はそんなことなかったけど... 千羽鶴が欲しくてガチャたくさん回してしまったし,神楽チャンネル8000円は強気だし.グッズ販売も薄い本3000円とかすごい.アルノサージュのクリスタルCDとかもそうだけど,ファンからむしり取れるポジション取ると強い.

惜しいなと思ったところ

やっぱり RPG をやりたかったなと思う.アルノサージュのイオナサルと冒険できる体験は魅力的だったし,やっぱりそういうのがしたいなあと思ってしまう.スマホでやれる手軽さはよかったのだけど.戦闘システムが面白くなかったのも良くなかった.あと,曲はヒュムノス的な方が好きだし,そういう新曲を聞きたいなと思う.まとめるとアルノサージュ最高!!って感じですね.

その他雑多な感想

  • エリカさん周りでのアルノサージュのファンサービスが嬉しい.
  • スカートの挙動がさすがに軽すぎではと思う.まあそういうのが見たいし良いのだけれど.